片づけ【停滞期】をブチ破る!効果抜群の方法ベスト3

スポンサーリンク

エア引越し

あなたは1週間後に引っ越しすることになりました。今住んでいる家を取り壊すことになったからです。どうぞ、荷物をパッキングしてください。

となったとき、いま部屋にある物全部、引っ越し先へ持って行きますか?

これは、引越するつもりで部屋を片づけようという方法です。結構ポピュラーな方法ですよね。

でも実際に段ボールに詰めてみた人って、どれぐらいいるでしょう?

大きめの段ボール箱を用意して、ちょっと入れてみてください。
(Amazonから送られてきたときのダンボールとか、近所のスーパーやドラッグストアで貰えますよ。)

引っ越し経験があればわかるんですが、段ボール箱ってすぐいっぱいになるんですよね。

4箱ぐらい詰めたところで、まったく荷物が減っていないことに気づき、愕然とします。
「一体あとどれぐらい段ボール箱要るの…」という感じです。

そして「全部詰めている場合じゃない。適当に捨てていかなきゃ、引っ越し代がものすごいことになる!」と、一転して捨て体制になるわけです。

本当に必要な物であれば、たとえ引っ越しにいくらかかろうとも部屋が荷物でぎゅうぎゅうになろうとも全部持って行けばいいんですが、「なんとなく」持ち続けている物がとても多いことに気づくはずです。

全所持品の40%ぐらいはそういう物なんじゃないでしょうか。

さらに「無かったら死ぬ!」という物は、全所持品の20%ぐらいかも。

実際にひとつずつ手に取って、段ボールに詰めるかどうか考えるという行為は、とても効果的なんです。

スポンサーリンク

スマホで激写

部屋の写真をスマホで撮ってみてください。

撮ったらその写真を見てみてください。

あれ?なんかちょっと自分の部屋だけど自分の部屋じゃないような、なんか変な見え方がしませんか?

あれ?そこに写ってるやつ、要らないかもしれませんね・・・?

大々的に片づけした後、あまりのスッキリ具合に感動してスマホで写真を撮ったことがありました。

でもその写真を見たら、「これいらん」「あ、これもいらん」と、まだまだ要らない物があることに気づきました。

写真に写った自分の部屋は、目で直接見ている世界と少し違って見えます。
3次元と2次元とでは、同じ光景でも感じることが異なるみたいです。

片づけで手がピタッと止まってしまったら、一度スマホで写真を撮ってみてください。

スポンサーリンク

SNSで「ネガティブインパクト」を浴びる

InstagramやTwitterでは、たくさんの汚部屋の住人が、片づけの記録として捨てる物や部屋の様子のビフォーアフターを投稿しています。

そういう投稿を見ると「キェェェェ!!」となるので、捨てる作業がはかどります。

ネガティブ(負の)インパクト(衝撃)です。

部屋がきれいなアカウントをフォローしてやる気を高めるのは普通ですが、その逆バージョンです。

むしろこっちの方が、写真を見た瞬間血圧上がってやる気爆上げなので、効果的かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました