【家具を捨てる】捨てても捨ててもスッキリしないのは家具のせい!

ミニマリスト

あんなに捨てたのになぜかスッキリしない。

物はすごく減ったのに、どうも片づいた気がしない。

それはズバリ、家具の数を減らしていないから!

大きい物も減らさないと、部屋にも自分にもインパクトは与えられません。

スポンサーリンク

家具を減らさないと、部屋は広くならない

部屋の中で大きい物といえば、ベッドやタンス、ハンガーラックなどの家具。

当たり前ですが、家具は置けば置くほど部屋は狭くなり、圧迫感を増していきます。

圧迫感を与える要注意家具

・背が高い家具
・幅が広い家具
・色が暗い家具

小さい物を減らすことも大事ですが、大物を減らして部屋全体にインパクトを与えることが重要です。大きい物であればあるほど、処分すれば部屋に余裕が生まれてスッキリします。

断捨離したとき家具も捨てたか?

断捨離するときに真っ先に意識が向くのは服や本などですが、家具もガンガン捨てたという方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

服も本も小さくて軽いのでポイポイ捨てられますが、家具はなかなかそうはいきませんよね。

捨てるにはまず中身を出さないといけません。出した中身もどこかに置かないといけないし、家具を運び出すにしても大きいし重い。大型ゴミになるので、おそらく有料。私の地域だと、市に連絡して料金を教えてもらい、回収に来てもらう日を相談。そのあと、料金分のゴミシールをコンビニへ買いに行かなければなりません。

あるいは、状態の良い物であれば買取に出す方法もあります。

ただ、いずれにしても手間がかかるので「いつかそのうちに」という人が多いと思います。私もそうでした。

でも、できるだけ早く処分して広い空間を楽しんだ方が良いです。

半年ほど前、小さめの本棚(幅70cm×高さ120cm×奥行30cm)を2つ処分したら、部屋がすごく広くなって感動しました。

家具って、置いた瞬間からそれに体が当たらないように生活するので、実際にはひとまわりほど多く空間を取っているんですよね。だから1つでもなくすことができれば、部屋が広々としますよ。

スポンサーリンク

家具が減ると片づけが進む

本棚2つを処分して部屋の広さに感動した後、もっと家具を減らしたい!と思うようになりました。

小さい家具でしたが、どけて壁が見えたとき、すごい開放感だったんです。「壁が見えた!」みたいな。

もっとあれを味わいたい。笑

家具を減らすためには、その中身を減らさなければいけません。

どれを減らそう…?

ハンガーラック×2
ハンガーラック(洗濯用)
本棚
タンス
ベッド
テーブル
姿見(鏡)
今これだけの家具が部屋にあるのですが、よく考えるとブルーのものは全部服の収納。

服は大好きですが、持っている服全部が大好きかと聞かれると…気に入っていないものもあります。

そこで、服を減らして、収納家具も処分することに決めました。

こんな風に、部屋面積に占める割合の多いものを減らして、関係する家具を捨てるというのもひとつの方法です。

スポンサーリンク

減らすと同時に「ちょうどいい」も探す

ただ、収納家具を減らすと言っても、私の場合すでに「捨てる」段階は済んでいて、ある程度厳選された中身になっています。

ここから更に一気にどんどん捨てていく!ということもできますが、今回は違う方法で進めていくことにしました。

今あるタンスを「小さく」使う

私は7段のタンスを持っているのですが、そのうちの5段しか使わないことにしました。

タンスを捨てれば部屋は広くなりますが、タンスという物自体を完全になくしてしまうのは、私の場合は現実的ではありません。下着や靴下などはたたんで収納したいからです。

そして将来的には、もっと小さくて可愛いチェストに買いかえたいと思っていて、一体自分はどれくらいまで服を減らせるのか実験中なんです。

タンスを小さくするとしても、どれくらいまで小さくできるのかきちんとしたデータがなければ、行き当たりばったりで買いかえても失敗する可能性が高いですよね。

だから、今ある家具でそれを見極めているところです。

そして中身(服)を増やさないために決めたルールは、こんな感じ。

・夜も眠れないほど欲しい服に出会うまで、服は買わない。
・「寒いから」「暑いから」「あったら便利」という理由で服を買いに行かない。
・今ある服を消費してしまう

この冬はルールを厳守できました!

実際に文字にしておくと意識に浸透して、日々気を配ることができます。

無駄遣いもしなくなり、後悔する買い物もなくなったのでとても嬉しいです。やる気もますますわいてきます✨

スポンサーリンク

まず小さい家具を1つ処分して、意識改革しよう!

小さな家具でも、無くなると部屋が広くなります。「広っ!」と思う、その体験をしてみてください。

それが引き金になって、もっと広くしたいと思うはずです。

家具(収納)は無くせばなくすほど部屋は広くなり、物は減っていきます。物が減っていくと、すみずみまで目が行き届くようになって、もっとこうしたい、ああしたいという理想がはっきりしてきます。理想がはっきりしてくると、それに近づきたいと思って自分をコントロールできるように頑張ります。

ぜひこの好循環を味わってみてください。

「捨てること」と「減らすこと」の大切さが改めて分かりますよ。

参考にしていただければ嬉しいです✨

タイトルとURLをコピーしました