内藤ルネのUVグローブ|ちょっとレトロで程よくカワイイ!

ビューティー

手元の紫外線対策、なさっていますか?

私は一年中UVグローブ(手袋)をしているのですが、ボロボロになってきたので新調しました。

今回もどれにしようか迷いましたが、

すっごく可愛いの見つけた!

カワイイもの好きなかた、ぜひ❤︎

スポンサーリンク

購入したのはこれ:長さ30センチの指なしグローブ

選んだのはこちら!

(「ベージュ」という記載になっていますが、これはどう見ても「アイボリー(生成)」です!)

内藤ルネさんのルネキャットが、指先のほうにアップリケされたもの。

デザインが指先にあるので、腕が細く見えます。

紙タグはルネガール

今までいくつもUVグローブを使ってきましたが、ベストなのはこれ!

  • 指先なし
  • ミドル丈(30センチ)
  • アイボリーなどの薄色
  • コットン素材で、内側がメッシュ(ポリエステル)になっている

指先なし

指先までおおわれていると、

・スマホが使えない
・細かい作業がしにくい

だから指先がないものが断然便利です。

タッチパネル対応のもあるのですが、たいていは人差し指だけなので使いにくいです。

あと、指先がない方が涼しいんですよね。

ミドル丈(30センチ)

ちょうどひじの下までの長さです。

手首まであると半袖のときに日焼けするし、かといって肘をおおうほどのロング丈にすると、どんなに薄い素材でも暑い。そこで、この長さに落ち着きました。

それにロング丈だと勝手にずり落ちてきて、うっとおしいんですよね。

色はアイボリー

色は迷ってアイボリーに。私はイエベ(イエベ秋)なんですが、肌によくなじみます。

ピンクと迷いました。ガーリーなピンク色でとても可愛かったですよ。
ピンクの場合は、ネコちゃんの首のリボンもピンクです。(アイボリーは赤リボン)

ちなみに紫外線カット率は、
ブラック99%>グレー97%>ピンク89%>アイボリー87%
やっぱり一番は黒でした。

でも真夏の黒は見た目が暑く、レースでなければ「腕カバー」感が強いので選びませんでした。

コットンで、内側はメッシュ(ポリエステル)

外側はコットンですが、内側はハート柄のチュールで、通気性も良く涼やか❤︎

ただ、チュールレースが破れないか少し気をつかいます…。

素材は汗を吸うコットンがイチオシ!

でもコットン100%だと少し暑いんですよね。かといってポリエステル等の化繊だと、薄くて通気性が良くても汗で肌に貼りついてしまって不快。

その点、このグローブはいいとこどりしています。

スポンサーリンク

『内藤ルネ』とは?

内藤ルネさんは、1950〜1960年代に人気ファッション誌『ジュニアそれいゆ』で表紙と挿絵を担当されたイラストレーター・デザイナーです。

内藤ルネさんのイラストは、どれもレトロ・ポップ・カラフルで、とってもキュート!

コラボ商品も多く、没後の今なお、全国で展覧会などが開催されています。

『内藤ルネ展』はカワイイの大洪水で、すごく楽しかった❤︎

スポンサーリンク

ルネグローブは種類いろいろ

内藤ルネのUVグローブは種類いろいろ!

今まで何本もUVグローブを使用してきた経験から、使いやすそうなのを選んでみました。

なるべく手や腕の形に添うような、ピッタリめのフォルムのものを選ぶのがポイント。

ぶかぶかしたもの・真っ黒でデザインが一切ないものだと、ひと昔前の事務員の腕カバーみたいになってしまいます。

その日のファッションに合わせて、テイストの異なるものを2~3組もっておくのもオシャレです。

初めてUVグローブを使うなら、ショート~ミドル丈がおすすめ
夏用グローブはいくら通気性が良くても暑いです。最初はどんな感じか様子を確かめるつもりで、まずは短めの丈でスタートしてみてください。

スポンサーリンク

UVグローブで美しい手をキープしよう

手は体のどこよりも年齢が出やすいパーツ。
とくに手の甲は皮下脂肪も少なく、紫外線によるシミやシワができやすい部分です。

日焼け止めを塗り忘れても、サッとさすだけで手の美しさがキープできます。

それに、UVグローブはおしゃれでエレガントなアイテム。その日のコーディネートを、ワンランク上げてくれます。

ぜひお気に入りを見つけて、あなたのワードローブに加えてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました