【ミニマリスト的】買い物で失敗しないための4つの言葉【スマホで持ち歩く】

ミニマリスト

ミニマリストだって買い物に行きます。

買い物に行きますが、自分のミニマリスト観に合ったものしか購入しません。「買う基準」がはっきりしているため、余計な物を買ったり、選択ミスをしてしまうことはほぼありません。

  • ミニマリストになりたいけど、物の選び方がわからない
  • 買い物をして物が増えるのがこわい
  • ミニマリストとして、買い物で注意していることがあったら知りたい

ミニマリストを目指していて買い物で失敗したくない人、後悔したくない人向けの記事です。

ミニマリストの買い物時の脳内が分かります。

さらに、ミニマリスト的に買い物から帰った後すぐやっておくべきことも書きました。

スポンサーリンク

買い物で失敗しないための4つの言葉

私が買い物で意識する言葉があります。

  • 少ない
  • 軽い
  • 小さい
  • かさばらない

大量の所持品を捨てながら気づいた、私の買い物の基準です。

少ない

ミニマリストの「核」ともいえる物の数。やはり少ないのは理想中の理想です。

数が少なければ身軽でいられる。

数が少なければひとつずつを大切にできます。

それにひとつひとつに目が行き届くので、管理やメンテナンスもしやすいです。

軽い

重いと、動かす・持ち上げることが面倒になります。

面倒だと使わなくなります。

たとえば家具でも、軽ければ自分ひとりで動かせます。模様替えも掃除もラクラクです。

小さい

ミニマルに生活するためには、小ささも重要。

身軽でいるためにはコンパクトじゃないと動きが鈍くなります。

かさばらない

「小さい」と似ていますが、嵩が低いものに惹かれます。

スポンサーリンク

スマホにメモして常に見ながら買い物

4つの言葉は、スマホのメモアプリにうちこんであります。

かいものにいくとき言葉をメモして持って行って、今買おうとしている物はそこから外れないか、逐一確認。

割安だからといって大容量の物を買ったり、お得だからといって必要ない物まで買ったり。

この4つの言葉を意識しながら買い物すると、後悔はほぼなくなりました。

スポンサーリンク

「言葉」を意識している人は他にもいた

こういうことを考えているのは私だけではありません。

私がミニマリストのお手本にしているうちの1人、ミニマリストまみさんのYouTube動画【対談】白の魔法使いミニマリストエリサさんの魅力と暮らし(2019年7月15日公開)で、『小さい/軽い/少ない/薄い、という4つの形容詞を好きな順に並べてみてください』という質問をされているのを発見。

エリサさんの答えは軽い・薄い・小さい・少ない。まみさんもほぼ同じ答えだそうです。

ミニマリストなら、みんな考えることなのかもしれません。

スポンサーリンク

それでも最初のうちはたぶん失敗する

考えて買い物をしても、最初は失敗する可能性が高いです。

でも失敗しても大丈夫。

一度失敗すると次は失敗したくないので、「どういうところが失敗だと思うのか」「なぜ失敗したのか」「次回はどうすればいいか」考えます。

それでもまた失敗するかも。

失敗したら、また考えましょう。

失敗すればするほど自分のパターンが読めるようになるので、今後に活かせばいい。

失敗したものは売ればOKです。

スポンサーリンク

買い物以外でも有効

自分の考えを明文化・言語化すること、ぼんやりした概念を自分自身に向けてはっきりさせることは非常に効果的だし重要。

これは買い物以外にも使えます。

部屋を片づける時のルール、人に物を渡すときの基準など。

さらに発展させると、 生き方や仕事にも応用できます。

信念やこれだけは譲れないことは文字にして、視覚的にしておくことは大切。自分で自分をマインドコントロールというか、ブレイン(脳)コントロールすることが大事。そうすることによって理想の自分に近づいていくことができます。

スポンサーリンク

おまけ:ミニマリスト的『買い物から帰ったらやることリスト』

  • パッケージから中身を取り出す
  • すぐ収納する
  • すぐ使う
  • 収納するときに同じカテゴリーのものを見直す

パッケージから中身を取り出す

・「2個パック」を買ったときは、外装のナイロンを破って中身を取り出しておく

・けばけばしいパッケージや、宣伝文句がでかでかと書かれたパッケージは捨てる

とか。

買ってきた状態のままにしない、ということですね。

中身を出すとスリムになります。

不特定多数の人が触れた外側のパッケージは不衛生です。

パッケージに書かれている言葉も目に入るとストレスなので、なくすことを心がけるといいですよ。

すぐ収納する

買ってきたその手で、すぐしまいましょう。

開封もせず、そのままベッド・床・ソファの上に放置する人がいますが、そういう場所に放置された物は、ほかの物を引き寄せて、どんどん増殖していきます。

完全にミニマリストになっていれば増殖する物もないのでかまいませんが、私のようにまだ不完全なミニマリストの人は、すぐ収納しましょう。

すぐ使う

大事にするあまり使わずに愛でていて、そのうち興味が薄れていき、ガラクタ同然になることがあります。

買ってきた時がその物の「旬」。ぜひすぐ使ってください。

使えばもっとその魅力に気づけたかもしれないのに、もったいなさすぎます。

収納するときに同じカテゴリーの物を見直す

買い物すると確実に物は増えます。

買ってきた物を収納するとき、ついでに所持品の見直しをします。

似たような物で不要品がないか、買ってきたもので新たに代用できるようになった物はないか、など。

1in1out(1つ入れたら1つ出す)という考え方がありますが、1in2outとか3outできると、買い物しても物を減らし続けることは可能です。

買い物への抵抗もなくなります。

買い物から帰った後だけでなく、買い物に行く前や買い物中に考えることも大事です。

タイトルとURLをコピーしました