落ち込んだときの自分の心の扱い方

いろいろ

仕事での出来事や家族に言われたことで、地面にめり込むくらい落ち込むことはありませんか?

私は今まさにそんな状態です。

アラフォーになってもまだダメダメで、そんな自分のダメさ加減に絶望します。

さらに、ここまで落ち込んでしまっている自分自身に動揺しています。

「こんなこと気にしていない」「全然大丈夫」と思って無理矢理カラ元気でも出そうと思いましたが、顔が引きつって何も頭に入ってきません。

スポンサーリンク

なぜそんなにショックなのか考えてみる

いまだかつてなく動揺していて、自分でもどうすればいいかわからないほどですが、まずなぜこんなにショックを受けているのかを考えることが解決の第一歩だと思います。

ちょっと第三者的な目線で、客観的に考えた方が上手くいきそうです。

私の場合、自分が一番気にしていてダメさ加減を十分自覚しているものの、必死に目をそらして見ないようにしている、そんな欠点をビシビシ叱責されたからです。

自分が思っていた以上にショックだったようで、しばらく呆然としてしまいました。自己弁護したり取り繕ったりすることもできませんでした。

だってめちゃくちゃ当たってるから!!

だから余計にショックだったんですね。

うん。原因をズバリ自分で分析すると、ちょっと落ち着いてきました。

スポンサーリンク

紙に書き出してみる

今こうやって書いているうちに、少しだけ落ち着けました。

今度はそのことを紙に書いてみます。

自分のダメさ加減を目でも確認することになるので余計に落ち込む感じはするものの、「自分で文字にした」ことに意味があります。

自分でもわかってるんだよ!ということです。

文字にすると、きちんと自分は理解しているのだと安心できます。

理解できているのがわかったら、ではどうすればいいのか?
解決のための次のステップに進むことができそうです。

スポンサーリンク

とことんまで落ち込む

以前なら、普段はほとんど見ないお笑い番組を見て声を出して笑って、自分は楽しいんだ全然気にしていないんだと自分をあざむくような元気の出し方をしていました。

元気なのが自分のいつもの調子なので、落ち込んでると周囲にも丸わかりで、どうしたの?とたびたび聞かれるのがとてもしんどかったからです。

それに落ち込んでると仕事にも支障がでますよね。ミスしたりとか。

それを避けるために無理矢理元気になっていました。

でもそれって余計にしんどい行為なんですよね。
自分の本当の気持ちを押さえつけて元気なフリだけしても、自分で自分のことを全否定していることと同じですから。

だからもうとことんまで落ち込むことにしました。

人間だもの!そういうときだってあります。私は自分の悩みを誰かに相談したり聞いてもらったりするのがすごく苦手なので、自分で気持ちの持っていき方を考えるしかありません。

とことんまで落ち込んだら、あとは上に向いていくしかなくなります。

スポンサーリンク

好きなことをする

ベタですが、落ち込んだ気持ちを和らげてくれるのは自分の好きなことですよね。

とことんまで落ち込んだときは、自分の好きなことをして心を回復させましょう。

私の場合は、いつにも増して引きこもりになります。笑
しんどいときは自分に意識を集中させたいみたいです。

スポンサーリンク

落ち込みの原因に取り組む

落ち込んだら、落ち込みながら、落ち込みの原因をなんとかするように動くしかありません。

分かってはいるけれど、しんどいしつらい…

でもやらなければ…!

やらなければならないけど、どうか無理はしないで。

やらなければならないと思っているだけで、すでに前へ進んでいます。

無理して心を壊してしまったら取り返しがつきません。

マイペースで、できる範囲でやれることから少しずつ前進していきましょう!

いろいろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にゅにゅにゅ?
タイトルとURLをコピーしました