片づけのコツ:かさばる物から捨てていく

片づけで大切なことはモチベーションだと思います。

モチベーションを継続させるためには、片づけられた!という小さな成功体験を積み重ねていくこと。

その成功体験を得るためには、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

目に見える変化でモチベーション維持

なんでもそうですが、目で見たときに片づけた変化を感じ取れなかったら、モチベーションは維持できません。

あんなに頑張ったのに、全然片付いてないと思ったら、やる気も失せてしまいます。

あんなに頑張ったのに、全然片付いてないのはなぜか?

それは小さな片づけをしているからです。

いらない靴下をすてた、とか。

いらないピアスをすてた、とか。

いらないシールをすてた、とか。

ものすごく大量にあったのなら別ですが、これらは部屋に占める面積が極小なので、2つ3つ捨てたところで、見た目の変化はほぼゼロです。

そのわりには、捨てるか残すかの判断は他のものと同じだけパワーが必要なので、疲れるわりには見た目が変わらない、という状況になります。

スポンサーリンク

かさばる物から捨てていく

モチベーションを維持するためにも、まずは、部屋の中でかさばっているものから捨てていきましょう。

本当は、家具を捨てるのが一番見た目のインパクトがあるのですが、中身がつまっており、丸ごと捨てるのは難しいと思います。

家具の次にかさばって量があるものといえば、服か本ではないでしょうか?

服も本も減らせれば、いずれそれを入れていた家具も捨てられるようになります。

なので、服か本から着手しましょう。

もし、服も本も大好きすぎて捨てられないというなら、量が多くて大きいものから捨てていきましょう。

それで捨てる感覚・選別する感覚をつかみましょう。

弾みがつけばどんどん捨てられるようになります。

まずはモチベーション維持を第一に、片づけをすすめていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました