「片づけあるある」への対策

私が片づけの参考にしているインスタアカウントのひとつに、片づけあるあるが投稿されていました。

私もミニマリストになる前はそんな感じでした。

こういう「あるある」への対策は、こんなふうにすればいいですよ。

スポンサーリンク

テスト前など、やらなければいけないことがある前にやりがち

普段から定期的にいらないものをきちんと捨てていると、こういう衝動は起こりません。

ミニマリストになってみて、初めて分かりました。

スッキリした部屋だと、気が散ることなく目の前のことに集中できるようになります。

だから片づけは気づいたときに、日常的にしておくべきです。

スポンサーリンク

思い出の物を見つけて作業が止まる

思い出品を片づける時は、思い出にひたらないように。中身を読むのは厳禁です。

手にとった瞬間どう感じたかで、捨てるか残すか決めてしまいましょう。

「片づけていて見つけた」程度の思い出品は、捨てても問題ありません。

ササッと判断していかないと、時間をかければかけるほど深みにハマっていき、どんどん捨てづらくなります。

スポンサーリンク

捨てるはずの本や雑誌を読み始める

絶対にページを開かない!のが、正しい片づけ方です。

表紙だけ見て判断しましょう。

表紙を見ても中身を思い出さないような本や雑誌は、その程度の内容だったということです。

今のあなたに必要ありません。

スポンサーリンク

ナニコレ?って物が出てくる

ナニコレ?という物が自分の部屋にあるのは異常な状態だと思いましょう。

知らない人と同居してるようなもんです。

部屋に置く物は、全て把握していて当たり前。

なんですよね、本当は。

物の数を減らせば、だれでも把握できるようになりますよ。

ナニコレ?な物は、見つけ次第ゴミ箱へ!

スポンサーリンク

いつか使うと思っていた無料サンプルが鬼のようにある

旅行の時便利だな〜と思って、使わずによく取っておきました。

でも私、ほとんど旅行なんて行かないんですよね。笑

置いておけばおくほど、中身は古くなっていくし、その時は新商品だったり好きだったりした物も、時間の経過とともに興味が失われていきます。

サンプルはもらった時が使い時。

もらったその日に使いましょう。

スポンサーリンク

夕方には疲れて、最後一か所にぶち込んで終わり

これは今でもやってしまうような;

今はもう物の数も量も「ぶち込む」ほどは無いですが、悩みすぎてタイムリミットを迎えてしまうこともあります。

まぁまた続きから始めればいいんですけど。

最初は一日で一気にやってしまおうとせず、「服だけ」「本と雑誌だけ」というふうに、カテゴリーごとに半日かけてじっくり取り組むのがおすすめです。

急いで片づけることはありません。

片づけが前進するごとに自然とスピードアップしていくので、最初はむしろゆっくり片づけて、片づけを負担に思わないように心がけるのがいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました